レオパの尻尾

日本の両爬を主にブログを執筆、レオパ、活ネズミなんかも飼育中

ヘビとサイバークリケット

こんばんは

 

少し前の話になりますが

7月の中旬辺りにサイバークリケットから

アダルト80匹、ピンマM50匹の計130匹もの冷凍マウスが届きました

これで3か月分くらいです


f:id:TailofReopa:20190813234146j:image

 

やっぱりマウスを繁殖させるよりもかなり高くつきますがヘビはほとんど手間がかからなくなりましたね

 

もちろん食い付きも問題なしです


f:id:TailofReopa:20190813234331j:image

 

あっ、ちなみに今回はオリジナルマウスを購入していないので

また機会があれば購入してみたいと思います

 


f:id:TailofReopa:20190813234217j:image

 

こちらは今月から買い始めたばかりのボールパイソン

無事にピンマも食べたので次回からは

小さめのアダルトを給餌します

 

実は外国産ヘビを飼い始めるのはこれが初でして

とてもテンションが上がっています…笑

 

今週のフィールド

こんばんは

最近は北海道でも厚いですね

爬虫類部屋は30~35度と

基本エアコンなしでも両生類を飼えるという北海道の特権がなくなってしまって非常に残念です

 

さてさて、そんなこんなで縁あって

札幌から車で数時間ほど離れたとある町に行きましてね

 

3日滞在していましたが

1日目は雨が降り両生類を見つけられるかと思っていましたが

思うように結果は出せませんでした

 

2日目は用事もあって帯広へ行きましてね

北海道の有尾類愛好家の方々には名の知れたコメリへ行きました

 

ラオスやらレッドサラマンダーやら

他にも私がまだ知らない有尾たちが数匹いましてね

 

もちろんアカハラもいましたよ

ハイグレードで中々綺麗でしたが

強いて言えば有尾に力を入れているならCBを扱ってほしかったというのが正直なところです

 

お次は「Gecko」という爬虫類ショップに行きました

最近店舗を移動したみたいでですね

間違えて前の店舗へ行ってしまいました

 

私はFacebookからGoogleマップへ飛んでナビを付けたのですが

この辺は後日修正するとのことです

 

まあ、前店舗から現在の店舗までは車で数分の距離なので問題ないでしょう…(苦笑)

 

中に入ってみると

手狭なうえに所狭しとラックが並んでおりましてね

歩くのがやっとでしたが

 

店員が話しかけてくれまして

楽しいひと時を過ごさせていただきました

 

ちなみに購入したのはシェルターとピンセットのみですが

また帯広に行く機会があれば

生体の購入も検討していたいと思います

 

3日目ですが

午前中に川へ行ってきまして

エゾアカのオタマを4匹持ち帰りました


f:id:TailofReopa:20190804180524j:image

 

ここの川は一度遊びにきてましてね

両生類を探したんですが見つからなかったんです

 

見つかると思ってたんですけどね

1匹も見つからず自分の勘が悪いのかと思ってましてね

悪いのは運だけだったようで良かったです

 

帰宅から2日経った31日に

オタマが1匹落ちてしまいまして

現在環境の改善中です

 

 

 

 

 

エゾサンショウウオの現状

こんばんは

 

少し前の話になりますが

先月の16日にエゾサンショウウオを戻しに沼へ行ったんですよ

 

そしたら水が綺麗さっぱりなくなってまして

隣の川へと流れてしまっていました

 

実はね、これ自体は予想内の出来事だったんですよ

もともと繁殖期に行った時点で

水量が例年に比べて大幅に減っていたんですね

 

今回の採取地も知人に教えていただいたところでして

案内されたときに

「もう少し早い時期、繁殖期にこれば雪解け水でできた水たまりに大量の卵産みつけるよ」と、聞いていましたが

その翌年、つまり今年の時点で水量が減っており

その光景を見ることができませんでした

残念です

 

今回のできごとは意図的に誰かが木を動かし

水が流れてしまうようにしたのだと聞きました

 

ただ、エゾサンショウウオの生息するこの場所は

当然保護区でもなければ市や区が管理している土地でもありません

 

所詮は趣味の世界です

もちろん私には上記について咎める権利はありません

ただ、両爬好きとして非常に残念です

 

捕獲してきたエゾサンショウウオに関しては

累代飼育を目標に飼育していきたいと思っています

 

また、今後の様子については興味があるので

ときどき足を運んでみようと思います

ニホンカナヘビを探しにフィールドへ

一昨日はカナヘビを捕まえに行ってきました

 

今月はフィールドの回数が少し多めで楽しいですね

また来週も別のポイントで採集予定です

 

ですが、去年と比べると採集に行ける数は少ないです

この辺は引越してしまったんで仕方ないですね

残念ですがその分飼育環境を改善に努めます

 

今回の採集ですが

結果はあまり思わしくありませんでした

 

丁度草刈りのタイミングで爬虫類が逃げてしまったようです

 

北海道でのシーズンは大体5月下旬~9月中旬までです

両生類はもう少し長いですがね

つまり約124日(約4ヵ月)もあるわけなんですね

そんな中で数回しかない草刈りと採集へ行くタイミングが二度も被ってしまうとは驚きです

 

仕方がないのでまた別のポイントへ行きましたが

ここも空振りました

 

いつもは何十匹ものカナヘビがいるんですがね

 

次は友人宅とその周辺

偶然にも友人と会ったので許可をいただいてお邪魔させていただきました

 

いました


f:id:TailofReopa:20190723024322j:image


f:id:TailofReopa:20190723024334j:image

 

毎年カナヘビが卵を産んでいる場所です

今年は2匹が産んだようです

 

3個持ち帰り血管を確認することができました

だいぶ膨らんでいるので1ヵ月もかからず孵化しそうです

 

ここ最近暑いので冷温庫で管理します


f:id:TailofReopa:20190723024402j:image

 

友人宅の周辺では5匹ほどカナヘビを確認できましたが

逃げられてしまいました

 

この時期はヤング~アダルトの個体ばかりですね

警戒心が強くベビーのようには

日光浴しに戻ってきてはくれません

 

ちなみに以前住んでいたのは

この友人宅の近くです

 

数は少ないですが

私の家にも

ときどき日光浴しに出てくる個体がいました

 

そんなある日カマを片手に草を刈ってたんですね

でも面倒だったので途中でほおり投げて

刈ったあとの草も放置してました

 

そしたら、しばらくして刈ったあとの枯れ草から

わさわさとカナヘビのベビーが出てくるようになったんですよ

枯れ草が湿度を保ってたようで卵を産みつけてたんですね

 

そんなハエみたいにカナヘビが湧いてくる素晴らしい家にまた戻れたらなと思います

 

 

 

コモチカナヘビを探しに稚内へ

こんばんは

お久しぶりです

 

色々と思うところがあったので今回から少し書き方を変えてみようと思います

 

先日ですね

コモチカナヘビを見に稚内へ行ってきました

 

実は去年、すでに2回行ってるんですが

結局見つけられず仕舞い

記事に書くのも面倒だったので報告が遅れてしまいました

 

私は札幌に住んでいるので

稚内までは片道で6時間以上はかかります

 

もう稚内に行ってしまえば

旭山動物園なんて大した距離じゃないですね

 

でもね、1匹だけでもコモチカナヘビを見れたんでもう満足です

天気は(稚内のわりには)いい方で

風も少なく好調でした

 

f:id:TailofReopa:20190721024040j:plain

 

f:id:TailofReopa:20190721024211j:plain

f:id:TailofReopa:20190721024254j:plain

f:id:TailofReopa:20190721024326j:plain

 

そして見つけた個体がこちら
中々綺麗でしょう?

薄っすら緑っぽい辺りなんかも最高です


こんなに美しいカナヘビが日本のしかも北海道にいるなんて驚きですね

 

ついつい1匹で4枚も画像を貼ってしまいました

 

恐らく探せばもっといたでしょうが

1匹見つけただけで満足してしまいました

 

集中力も持たないのでこういった時は大抵

続けても楽しくないので早々に切り上げます

経験という面で見ると本当は良くないことなんですけどね

 

そして帰宅中に

プラケースに入っているより自然にいる方が可愛いっていう話になりまして

私には正直理解できないですが

納得はしました

 

その辺は動物園や水族館などの展示の重要性に関係してくるんでしょうね

 

いつか理解できればいいなと思います