レオパの尻尾

日本の両爬を主にブログを執筆、レオパ、活ネズミなんかも飼育中

胃に床材が詰まって死亡したカエル

こんにちは

今回は少しグロテスクな画像が多いのでご注意ください

 


f:id:TailofReopa:20200114213811j:image

(飼育環境)

 

3ヶ月ほど前にアルビノヤマアカガエルを2匹購入しまして

現在に至るまで飼育しておりましたが

昨夜1匹が死んでしまいました

 

不自然にお腹が膨らみ

時々、苦しそうに口を開けていることがあり

 

原因解明のためにお腹を切ったところ

肥大化した胃が出てきました



f:id:TailofReopa:20200114213103j:image

f:id:TailofReopa:20200114091137j:imagef:id:TailofReopa:20200114091158j:image

f:id:TailofReopa:20200114082247j:image

 

さらに胃を切ると大量の水苔を確認


f:id:TailofReopa:20200114082404j:image


f:id:TailofReopa:20200114091247j:image

 

 

実はヤマアカが生きているうちに

生体のキャンドリングを行いまして

お腹に影が映っていますね


f:id:TailofReopa:20200114082835j:imagef:id:TailofReopa:20200114213021j:image



こちらは正常な個体のキャンドリング画像です
f:id:TailofReopa:20200114083105j:image

 

健康な個体は明らかに影がほとんどないですね

 

ちなみに、生体に対してのキャンドリングはバジェットガエルの卵の確認に行っている方を見かけまして試しました

ストレスは多少かかりますが生体に悪影響が及ぶ程ではないと思いますが

注意を払って行う必要があります


f:id:TailofReopa:20200114090855j:image

(生きているとき撮った写真)

 

キャンドリングなしでも

背中がボコッとなっているのがわかりますね

 

また、今回の事態が起こった

一つの要因として

餌食いのいいアルビノだったことがあげられます

 

餌に食いついたものの

目が悪く床材という認識もなく

そのまま飲み込んでしまったのかもしれません

 

カエルの嗅覚は優れていますが

一度口に入れてしまえば勢いのまま飲み込んでしまう性質があります

(基本的に餌ではないものを食べると吐き出そうとはしますが)

 

基本的にばら撒きはしていませんでしたが

餌食いの良くないときは

時々生き餌を2、3匹ばら撒いておいたりしていました

 

また多頭飼いしていたことから

もう1匹のヤマアカが動いたことによって

餌と勘違いして水苔を飲み込んだ可能性もありますね

 

どちらにしても

目の悪い個体は餌を判別するのが困難であり

対策として誤飲するサイズの床材は使用しないこと

そして誤飲で床材を消化しきれないことがあるということを学びました

 

当たり前ですが

これはアルビノ意外でも起こりえることです

 

何故カエルは水苔を食べ吐き出さなかったのか

何故消化されずに詰まってしまったのか

などなど…

まだ分からないことや、推測の域であることも確かですが

この失敗がブログを読んでいる方の役に立てれば幸いです

 

 

 

※私は解剖学を学んでいるわけではありません

その点ご理解の程よろしくお願いします

 

ご意見、ご感想などお気軽にコメント欄までどうぞ

 

 

ラック作製

明けましておめでとうございます

 

今回は前回紹介した木材を使ってラックを新しく作製しましたのでご紹介したいと思います

 

 

まあ、簡単に言えば某爬虫類ショップのパクりですね

 

今回は丸ノコもあるので

カットからヤスリがけ組み立てなど全て家で行いました


f:id:TailofReopa:20200101182829j:image


f:id:TailofReopa:20200101182900j:image

カットを終えたらヤスリがけをし

組み立てていきます

 


f:id:TailofReopa:20200101183019j:image

途中で必要なものを買い足します

 


f:id:TailofReopa:20200101183113j:image

上記とはまた別の材に

タッカーで金網を取り付けます



f:id:TailofReopa:20200101183219j:image


f:id:TailofReopa:20200101184007j:image

次は支柱の取り付けですね

治具で材を固定しつつビスを打ち込みます

 


f:id:TailofReopa:20200101200459j:image

ある程度かたちが完成したら

天板を置いて

実際に水槽を使い金網の高さ調整を行っていきます

 

この時しっかりとバランスの取れた状態を維持できないと水槽が割れて事故に繋がってしまいます…

 

私は水槽を移動中に一つひびを入れてしまいました…



f:id:TailofReopa:20200101184028j:image
f:id:TailofReopa:20200101184043j:image

 

おおかた完成したらキャスターを取り付けます

 

キャスターの有無も自分の環境によって変えるのがベストかと思います

特に今回は大型のラックなので万が一転倒したら大変なことになりますからね

(対策はしっかり行いましょう)

 

その反面、掃除や生体がラックの後ろに入ってしまったときは活躍してくれます

 

キャスターの取り付けが終わったら

天板を接着していきます

 

今回は家に余っていた板を再利用するので

不格好ですがご愛嬌ということで…苦笑

 

最後にくるみ油を塗っていきます

いわゆる自然塗料ですね

 

生体に直接触れるものでもないので

ニスを使っても良かったんですが

ムラや臭いなどの心配が少なそうだったので今回はくるみ油を使いました

 

くるみ油自体はごま油に近いような匂いです

私的には悪くないかと思います

 

そして数日~1週間ほど乾かしセッティングします

 

くるみ油のおかげで

水をこぼしても跡ができにくくなりました

 


f:id:TailofReopa:20200101200549j:image

そして完成です

 

蓋いらずで12個の水槽が置ける使用になっています

下段を含めれば最大16個に増えますね

 

ちなみに水槽サイズはMサイズです

GEXの水槽を元に作っているのでニッソーも使えますが

ミリ単位でサイズ差が出てしまうのでコトブキのものだけは入りません…

 

引き出すさいに取っ掛かりがないので

今後はそういった細かい部分も改善点していこうと思います

 

 

ご意見ご感想などお気軽にコメント欄までどうぞ

 

それでは本年もまた宜しくお願い致します。

ジョイフルAKの資材配達サービスを使ってみた

こんばんは

 

少し爬虫類から脱線するのですが

 

先日、丸ノコやトリマーを購入しましてね

家でもある程度の加工がきくようになりました

これを機にカットなしで180cm以上の材の購入を考えましたが

 

いかんせん私は車の免許を持っていません

そのため免許を持った人と予定を合わせて行かなきゃならないのですよ

これが地味に大変でしてね

私の性格上なやめば悩むほど買うのを躊躇してしまうんですよね

余計なことを考えてすぎなわけです

そのうえ軽自動車に乗せられる木材はSPF材辺りが限界です

 

ジョイフルでは90分ほど軽トラックを無料貸し出ししてるようなのですが

 

まず家から車でジョイフルまで行って、材を買ってトラック乗せて家まで、そのあと家に着いたら材をおろして車を戻しにジョイフルへ、そして返し終わったらようやく帰路につけます

 

長いでしょう?2往復ですよ?移動だけでも2時間半以上の時間を要すわけです

 

なので配達サービスを使ってみました

基本料金は以下の通りで

 

※消費税引き上げ前の表記です


f:id:TailofReopa:20191112114457j:image

大麻店の場合)

 

私の住んでいる地域だと1100円~ ですね

店員さんに料金について相談したところ

 

「2×4を5本とコンパネ(3×6尺)を5枚」でギリギリ基本料金内に収まり

 

逆に

「コンパネ(3×6尺)を21枚」だと基本料金×1.5倍

 

といった感じになるそうです

 

色々と私たちお客ではわからないポイントが材に付けられていてそのポイントによって

料金が変わってくるそうなので

 

購入する材が決まっている場合は事前に確認しておいた方が安心ですね

 

まあ、私は面倒だったので支払いが終わってから普通に金額出してもらいました

 

購入した材は以下の通りです

 

パイン集成材(3×6尺)×2

アルミ複合板(3×6尺)×1

NFボード(1800×600) ×3

面取りプレーナー材 (30×40×1820)×12

1×3 6F ×8

 

これで基本料金内に収まりました

ご参考までに

 

DIY程度なら気にするほどの値段でもないかと思います

 

色々と手間を省けますからね

有難いサービスです

 

配達日数は今回の場合は

11月11日購入で最短13日ですね

 

今回は私の都合で15日の午前中に指定しました

時間指定はなく午前か午後かは決められるようですね

 

配達予定日の前日夕方ごろに

お届け時間を電話してくれるそうです

 

 

それではご参考までに~

ヘビとサイバークリケット

こんばんは

 

少し前の話になりますが

7月の中旬辺りにサイバークリケットから

アダルト80匹、ピンマM50匹の計130匹もの冷凍マウスが届きました

これで3か月分くらいです


f:id:TailofReopa:20190813234146j:image

 

やっぱりマウスを繁殖させるよりもかなり高くつきますがヘビはほとんど手間がかからなくなりましたね

 

もちろん食い付きも問題なしです


f:id:TailofReopa:20190813234331j:image

 

あっ、ちなみに今回はオリジナルマウスを購入していないので

また機会があれば購入してみたいと思います

 


f:id:TailofReopa:20190813234217j:image

 

こちらは今月から買い始めたばかりのボールパイソン

無事にピンマも食べたので次回からは

小さめのアダルトを給餌します

 

実は外国産ヘビを飼い始めるのはこれが初でして

とてもテンションが上がっています…笑

 

今週のフィールド

こんばんは

最近は北海道でも厚いですね

爬虫類部屋は30~35度と

基本エアコンなしでも両生類を飼えるという北海道の特権がなくなってしまって非常に残念です

 

さてさて、そんなこんなで縁あって

札幌から車で数時間ほど離れたとある町に行きましてね

 

3日滞在していましたが

1日目は雨が降り両生類を見つけられるかと思っていましたが

思うように結果は出せませんでした

 

2日目は用事もあって帯広へ行きましてね

北海道の有尾類愛好家の方々には名の知れたコメリへ行きました

 

ラオスやらレッドサラマンダーやら

他にも私がまだ知らない有尾たちが数匹いましてね

 

もちろんアカハラもいましたよ

ハイグレードで中々綺麗でしたが

強いて言えば有尾に力を入れているならCBを扱ってほしかったというのが正直なところです

 

お次は「Gecko」という爬虫類ショップに行きました

最近店舗を移動したみたいでですね

間違えて前の店舗へ行ってしまいました

 

私はFacebookからGoogleマップへ飛んでナビを付けたのですが

この辺は後日修正するとのことです

 

まあ、前店舗から現在の店舗までは車で数分の距離なので問題ないでしょう…(苦笑)

 

中に入ってみると

手狭なうえに所狭しとラックが並んでおりましてね

歩くのがやっとでしたが

 

店員が話しかけてくれまして

楽しいひと時を過ごさせていただきました

 

ちなみに購入したのはシェルターとピンセットのみですが

また帯広に行く機会があれば

生体の購入も検討していたいと思います

 

3日目ですが

午前中に川へ行ってきまして

エゾアカのオタマを4匹持ち帰りました


f:id:TailofReopa:20190804180524j:image

 

ここの川は一度遊びにきてましてね

両生類を探したんですが見つからなかったんです

 

見つかると思ってたんですけどね

1匹も見つからず自分の勘が悪いのかと思ってましてね

悪いのは運だけだったようで良かったです

 

帰宅から2日経った31日に

オタマが1匹落ちてしまいまして

現在環境の改善中です