レオパの尻尾

日本の両爬を主にブログを執筆、レオパ、活ネズミなんかも飼育中

円山動物園に行ってきて

【ゾウの講演会】

15日にアラン・ルークロフト氏による
アジアゾウの講演会が開催された

本当はここで
感想やどんな内容だったのかを話たいところだが

開演前に動物園の飼育員と思われる人から
『この写真(スクリーン)を撮るのは自由ですが、SNSなどに投稿したりはしないで下さい』
と、言っていた

アラン氏はゾウの飼育、繁殖の技術などを教える
いわゆる“コンサルタント”だ
つまり、これを仕事として活動し
その一環として講演会を開いたと思われる

恐らく、写真を投稿できないのは
それが理由だろう


気になる人は
実際に足を運んで
聞いてみてはいかがだろうか?


また、ゾウとは関係無いが
来週の土曜日、22日は
ニホンザリガニの講演会が行われる
詳しくは下記のURLへ↓

https://www.city.sapporo.jp/zoo/04event/h30/20181222zarigani-kaigi1.html




【両生類・爬虫類館】

知る人ぞ知る
円山動物園の両爬虫類館では

多くの両爬虫類はもちろんのこと
本来の両爬の魅力を引き出すべく
生息地の環境が細かく再現されている

 


f:id:TailofReopa:20181216180049j:image
↑ エゾサンショウウオの卵
エゾサンショウウオは展示している場所で
そのまま、飼育〜繁殖が行われているため
時期によっては卵や上陸前の幼体を観察することができる


両爬担当の飼育員、本田氏は
今年の夏に行われた爬虫類の講演会で
『レイアウトを組んで生体が隠れっぱなしになるのは半人前だから、
生体が出てくる環境を作れるのが一人前』
だと、言っていた

そんなプロが再現した環境は
常に多くの爬虫類達が活発に動き回っている


特に、日本の爬虫類も丁寧に飼育されているところは
フィールド好きにはたまらない空間だ。